エルバランシア

INFO

エルバランシアのルイボスティーを飲んでから、卵子の質が上がって念願の妊娠!

2022.3.1 わたしの妊活体験記

エルバランシアをご愛飲いただいているお客様(藤井 麻未さん)に、妊活のご経験に関するお話を伺いました。

エルバランシアを飲み始めたきっかけを教えてください。

本格的に妊活スタート

エルバランシアを飲み始めたきっかけは、ズバリ妊活です。結婚5年目を迎え、年齢も30歳を過ぎた頃から、本格的に妊活をスタートしました。

まずは産婦人科で不妊ドックを受け、卵管造影検査や内視鏡手術を試み、タイミング療法、人工授精、体外受精も全て数回ずつ試みました。

当時通っていたクリニックでは、薬により卵胞を沢山作るためのホルモン注射を打っていましたが、私の身体にはあまり反応せず、さほど卵胞の数も採れないばかりか、やっと採れたものは空胞だったり質が悪く、受精に至ることができませんでした。

そこで体外受精専門の別のクリニックに変え、今度は顕微授精を試みることになりました。

新しいクリニックでは、質の良くないものを数多く採るよりも、質の良いものを1つでも採るという方針で、強い薬は使わずできるだけ本来もっている身体の力を活かすという方法で進めていきました。もともと卵胞の数が少ないため、ここで課題になったのが、いかにして1つ1つの卵子の質を上げるかということです。

ルイボスティーとの出会い

この頃は、とにかく質の良い卵子を作るために良いことなら何でも試していました。

不妊鍼灸や、冷え性の改善など。妊活に関する体験談や記事なども沢山読みましたが、その中で圧倒的に多くの方が効果を実感していると述べていたのが、ルイボスティーだったのです。身体に取り入れる食べ物や飲み物は、やはりダイレクトに女性ホルモンや卵巣の機能などに影響してくるというのです。

ただし、妊活に最大限の効果を期待するならば、ルイボスティーの中でも南アフリカ産のオーガニックかつ最高グレード(スーパーグレード)の茶葉のみ。ティーバッグで少しずつ飲むのでは足りず、1日少なくとも1リットル以上の単位で飲み続けるのがベストと書いてありました。

エルバランシアとの出会い

はじめは、たまたま見つけたオーガニックルイボスティー専門店のお洒落なパッケージに惹かれ、楽しみつつ飲んでいましたが、難点は量を飲み続けるにはコストがかかるということ。

そこで、妊活に効果のあるルイボスティーを更に探したところ、口コミや体験で実績を残しているエルバランシアのルイボスティーを見つけました。

エルバランシアをどのように飲んでいただいたのでしょうか?

ルイボスティーにも様々ある

ルイボスティーについては、これまであまり飲む機会はありませんでしたが、唯一、学生時代によく通っていたラーメン店で出しているお茶がルイボスティーだったことを覚えています。冷えたルイボスティーはサッパリとしていて、こってりしたラーメンとは相性抜群でした。美味しいお茶だなと思って飲んでいた記憶があります。

しかし、当時あまりポピュラーな類のお茶ではなかったので、自分で購入してまで飲むということはありませんでした。

今回、妊活を機会にルイボスティーのことを改めて調べてみて、同じルイボスティーでもグレードがあり、ティーバッグのタイプや茶葉そのもの、フレーバーの付いたものや煮出しタイプのものなど、様々なものがあるのだということを知りました。そして、ノンカフェインで鉄分など女性の身体に嬉しいミネラル分が豊富。こんなに身体に良いお茶だったのだということを再発見しました。

1日に1.5~2リットルを煮出して飲むようにした

エルバランシアのルイボスティーは、妊活に悩める女性が多く支持していることもあり、妊活に最も効果のあるオーガニックかつスーパーグレードの茶葉。

そして最大のポイントが、煮出しタイプの茶葉を定期便で頼めばかなりコストを抑えられるということでした。前述のように、最大限の効果を求めるならティーバッグで1杯ずつ淹れて飲むのでは足りないため、やかんに煮出して沢山飲む方が便利です。

また、煮出すとしっかりと成分が抽出されるため効果も高まります。エルバランシアは、1リットル分ごとにパックになっているため、やかんに放り込んであとは煮出すだけ。後の処理も簡単でした。

そうして、私は1日に1.5~2リットルを毎朝やかんに沸かし、何かにつけてエルバランシアのルイボスティーを飲むようにしたのです。

アイスでもホットでもゴクゴク飲める、しかもノンカフェイン

正直なところ、毎日2リットルはキツイかなと思ったのですが、ルイボスティー特有の香りや味についてもエルバランシアの茶葉はクセが無く苦みなども無いのでゴクゴク飲めます。

夏の暑い時は常温やアイスで渇きを満たし、寒い冬はホットで飲んだり、仕事や外出先でも水筒に入れてちょこちょこ飲めば、1日2リットルも難なく飲めました。

紅茶や緑茶、ほうじ茶などほとんどのお茶にカフェインが含まれているのに対し、ルイボスティーはノンカフェインなので、寝る前なども気にせず、更に妊娠中、出産後も子供と一緒に安心して飲めるというのもポイントでした。

飲み切るとなんだか達成感もあり、身体にも良い気がして毎日前向きに過ごすことができました。

だだし利尿作用や着色には注意して

デメリットがあるとすると、利尿作用が高いため、トイレに行く回数が増えるということです。日中抜けられない仕事などがある場合は、飲むタイミングを考えると良いかと思います。

また、コーヒーやワインと同じく着色するので、飲んだ後には軽くうがいをしたり、歯をこまめに磨くと良いと思います。

エルバランシアを飲んだあとに変化などはお感じになりましたか?

ルイボスティーを飲むことに関しては、良いことしかないといっても過言ではないと思います。飲めば飲むだけ効果あり!と私は思いました。

便秘解消

まず1番最初に実感したのが、便秘解消。といっても、もともと快腸な私は便秘に悩んだことはありませんが、それに輪をかけて毎日のお通じがより規則正しくなったということです。

もしかすると、人によっては下痢気味になる方がいるかもしれないので、初めは様子を見ながら量を決めると良いかもしれません。

髪質と肌質の改善

次にはっきりと実感したのが、髪質と肌質の改善です。

明らかに、エルバランシアを飲み始めてから髪のパサつきが無くなり、艶のある健康的な髪質に変わった気がします。ルイボスティーの効果に髪質の改善が含まれるのか否かはわかりませんが、アンチエイジング効果があると言われているので、そのお陰だったのかなと思っています。

お肌についても、もともとニキビが出来やすかったり毛穴が気になったりしていたのですが、キメが細かくなり、そして吹出物などが出来にくくなったと実感しました。

飲むというだけではなく、お茶そのものをコットンに含ませて顔全体にパックすれば、更にお肌に良いと聞いて試してみたりもしました。実際、アレルギーや花粉による痒みなども治まったという話を聞いたことがあります。

卵子の質が向上


そして、最大の目的である妊活に対する効果。こちらも、エルバランシアの効果は抜群だったと言って良いと思います。

毎月1度の採卵なので、効果を実感するまでには少し期間はかかりましたが、毎日2リットルを始めてから、空胞であったり、受精しにくい性質の卵胞が極端に少なくなりました。つまり、1つ1つの卵子の質が上がったのだと思います。

念願の妊娠

そして、ついに顕微受精にて念願の妊娠に至ることができました。現在子供は5歳、元気いっぱいに育っています。

妊活に成功してから様々な方に相談をされますが、エルバランシアを毎日2リットル飲むということについては皆さんにオススメしています。実際、試してみて妊娠したという方が多く、驚いています。

ルイボスティーは、女性に不足しがちな鉄分が豊富なので、妊活、妊娠中、そして出産後授乳中の方だけでなく、様々な年齢の女性にとって良い効果をもたらしてくれることは間違いありません。

今後も美容と健康のために飲み続けていきたいと思っています。

*個人の感想であり効果・効能ではありません

藤井 麻未さん

エルバランシア愛飲歴7年。1児の母。海外添乗員を経て、雑誌「pen」やトラベル雑誌などでライターとして活躍中。

Instagram:@mamfuj

その他たくさんのお客様の声をいただいていますので、下記のバナーよりご覧ください。

商品の詳細は、下記のバナーよりご覧ください。